HOMEメール参加者

<どんなメンバーが参加しているのか興味があるな〜>

◎メンバーのHP(ホームページ)/のぞいてみてください

NPO法人多文化子ども支援ネット

さまざまな差異や多様性を持った子どもたちを多面的に支援するネットワークです。

「入国児童のための日本語教育」

「3年間、アルゼンチンで日本語教育に携わり、帰国後は南米からの入国児童・生徒の日本語巡回指導と県国際交流センターの日本語ボランティア教師養成講座講師、および日本語クラス運営をしています」というみっきーさんのページ。
日記風の「日本語教室の窓から」は、子どもたちを巡る問題が見える…?。一緒に考えていけるといいですね。

大阪府立門真なみはや高校 「中国渡日生のコーナー」

中国渡日の生徒に対する門真高校での実践(日本語教育、母語保障や中国文化研究会活動等)を紹介しています。
門真高校の「中国帰国生教育指針」や「文部省研究協力校中間報告」なども掲載されています。

「多文化共生教育ネットワークかながわ」

子どもたちや青年たちの教育相談、支援活動を行っているボランティアグループのページ。事務局の高橋清樹さんが子どもメールのメンバーです。
「日本語を母語としない人たちのための」高校進学ガイダンス(10ヶ国語の通訳有)の説明は必見です。1995年から始められた活動です。

AMF「国際結婚を考える会」

AMF;Association for Multi-cultural Familiesのホームページです。定例会のご案内や本の紹介コーナーがあります。
会員の方でMLのメンバーでもある方が何人かいらっしゃいます。国際結婚の家族に子どもたちがいる場合、子どもたちが日本の地域や学校で元気に楽しく、自分なりに生きていけるように…MLで語られる願いと共通します。

「World Kids Community(ワールド キッズ コミュニティ)」

「多言語センターFACIL」のサイトにWorld Kids Communityのコーナーがあります。
事務局長の小島祥美さんがメンバーです。母語教室や図書館など、興味深い活動が紹介されています。

(NPO法人)「外国人の子どものための勉強会」

代表の海老名さんがMLのメンバーです。子どもたちのための日本語教室の運営を中心に活動しています。

この他、続けてご紹介する予定です