支援センターHOME >  遠隔学習課程 > 応募方法      

中国・ロシア帰国者のための「遠隔学習」

 「遠隔学習課程」は日本の各地域に定着している帰国者を対象に、「いつでもどこでも」学習できるように設けた課程です。主に郵便や電話でのやりとりを中心とした通信教育の方法をとります。
 「遠隔学習課程」のコースには、就職やキャリアアップを目指す人のためのコースや、地域住民との交流を目的としたコース、日本語の基礎を学ぶコースなどがあります。
 「遠隔学習課程」はセンターとの課題のやりとりの他に、居住地域でスクーリング(対面式の補習)を受けられるシステムもあります(未実施の地域もあります)。

学習コース 募集要項 応募方法 日本語力 提出書類

応募方法

@ まず、コースの学習内容、受講に必要な日本語力、対象者の条件等をよく読んで、受講したいコースを選ぶ。(原則として一人2コース受講可能)。
A 同封の「遠隔学習課程申請書」「学習経歴等資料」に必要事項を記入する。
B Aと一緒に、中国帰国者またはその家族であることを証明する書類を揃え、センターに送付する。添付書類については14頁に詳細があるので確認の上準備。
※ 但し、一度必要書類を提出され受講許可証の発行を受けた方は、二回目以降の応募の際には「遠隔学習課程申請書」と「学習経歴等資料」中の住所・氏名・当センター学習歴のみ記入で可、その他の書類は不要。
C 応募書類が揃った方には、受講開始月にセンターより「受講許可証」を教材と一緒に送付。
(注) 1つのコースで使用される教材は、別コースでも同じ教材が使われている場合があります。2度目以降履修される方は教材の内容をよくご確認の上、特に主となる教材が同じでないかどうか、受講を申し込まれる際ご確認ください。

《定員》

各コース、各月25名まで(コースによっては定員25名以下の場合もあり)。
(注) 定員オーバーで希望月生として受講できない時は、応募順で受講開始月を決定する。

《費用》

○ 受講料…無料 ※但し、センターへの送付物の郵送費は自己負担。
○ 教材費…無料。(2,3世も「(公財)中国残留孤児援護基金)」の教材費援助により教材費は無料になります)

《応募締め切り》

○ 各月24日締め切り、翌月受講開始。

  ※ご不明な点は下記募集係までお問い合わせください。(中国語可)

 

[ 応募書類送付先]

中国帰国者支援・交流センター 遠隔募集係
〒110-0015 東京都台東区東上野1-2-13 カーニープレイス新御徒町7F 
TEL :03-5807-3173
FAX :03-5807-3174
E-mail: info@sien-center.or.jp
HP :http://www.sien-center.or.jp/

※「ホームヘルパーコース」の応募書類も中国帰国者支援・交流センターにお送り下さい。

※「ホームヘルパーコース」の学習内容についてのお問い合わせは近畿センターへどうぞ
近畿中国帰国者支援・交流センター(近畿センター)
〒530-0026 大阪府大阪市北区神山町11-12
電話:06-6361-6114 Fax :06-6361-2997
E-mail : kinki-center@osaka.ywca.or.jp